パーツが映える輪郭作りを目指そう|憧れの小顔を叶える人気施術

痛くないことが大切

微笑む女の人

様々なアプローチ法

女性は顔が小さい事に憧れを持ち、小顔整形術に着目しています。美容外科などでメスを使用し、キズ跡が残る整形手術ではなく、人気を集めているのは美と健康を意識できる手技や美容機器を用いる整え方です。エクササイズや体操などの表情筋を動かしたり、老廃物を排出させるための手技によってもキュッと引き締まった輪郭を意識でき、美容エステなどで導入されるほどに人気です。さらにコルセットやローラーなどの美容機器なども人気が高く、微弱な電流を流すことによって筋繊維が活性化します。即効性がある点で評価されており、例えば、輪郭が引き締まることで二重アゴが改善されたり、口元のゆるみや頬からアゴにかけてのラインの弛みが改善できるために人気を集めています。整形したように見える結果を求める女性は多く、輪郭に影を落として立体的に見せるシェービングカラーをメイクで施す女性たちからはメディカルコスメも人気です。また、皮膚が繋がっていることからもヘッドスパからアプローチした小顔活性法も評価されていて、顔の神経に繋がるツボを刺激しながら引き締めることで即効性が得られる利点が挙げられています。

大きさに変化をつける

体重が増えたことによる顔太りに悩む女性は少なくはなく、整形術では脂肪溶解術をはじめ、脂肪燃焼できるパックやメディカルコスメが提案されています。また、顔全体が腫れぼったく見える女性の場合にはむくみが原因であり、小顔に見せる整形術には老廃物や水分を排出させるためのマッサージが提案されています。整形と言っても、メスやレーザーなどを使用する大がかりな手術だけではなく、エステやメディカルコスメなども導入されていて、痛みを伴わない整形は近年の主流となっています。また、エラ部分が張っている場合には骨格に特徴があり、小顔に見せるためにはエラを削る美容外科での手術が展開されています。頬から口角にかけてほうれい線が現れている場合には、筋繊維の働きが弱い特徴があり、輪郭全体の筋繊維に刺激を与える施術を行うのが特徴です。ダウンタイムや肌負担を掛けない整形術として、近年では矯正術が話題を集めており、年齢を重ねたエイジング対策としても評価されはじめています。美容外科のみならず、整体や整骨などに特化した施設を利用した整え方も定着しはじめています。