パーツが映える輪郭作りを目指そう|憧れの小顔を叶える人気施術

リスクを避けて効率良く

鏡を見るレディー

トラブルへの対応

近年、小顔やダイエット、美肌などで整形を利用する方が増えています。整形は適した施術を行えば、手軽に美容効果を得る事が出来るため、時間がない方や効果をすぐに得たい方には適した方法です。しかし、施術によっては腫れや痛みの持続など危険も伴います。安全に施術を行うためには、それぞれの施術法のリスクや効果、整形外科のアフターケアなどを理解しておく事が必要です。病院では事前にカウンセリングを行うので、説明をしっかり聞き不安な点は医師に訊ねておくと効率的です。小顔の施術には、薬剤を使う方法やメスを使う方法があります。どちらも小顔効果は高いですが、メスを使う方法は顔に負担をかけてしまうため注意が必要です。また、「骨削り」という施術がありますが、これはエラ骨や顎の骨など出っ張った骨を削って小顔に見せる方法です。骨を削るため痛みがあり、腫れも約1ヶ月間持続する可能性があるので気をつけましょう。事前に症状が出た場合の対処法を確認しておくと安心です。アフターサービスが確実な病院なら、こういったトラブルも対処してくれるので、考慮して病院を選ぶようにしましょう。

部分的な効果

整形外科での小顔施術は、方法によって異なるのが特徴です。メスを使った施術は、持続性が高いというメリットがあります。骨格から整形を行っているので、時間が経っても効果はそのままです。元に戻す事は難しいので、施術は慎重に選ぶようにしましょう。顔についた余計な脂肪を、薬剤注入で溶かして除去する施術があります。これは頬など部分的についた脂肪に効果が高く、集中的に脂肪を取り除く事が可能です。また、筋肉や骨格が張って顔が大きく見える場合は、「ボトックス注射」の利用が効果的です。ボトックス注射は一度だけでは効果の持続は短いですが、回数を増やす事によって持続性を高める特徴があります。時間に余裕があり、通院出来る方には最適な方法と言えます。整形は、方法によってリスクや効果の持続が異なります。リスクがなくても、施術後にトラブルが起きてしまった場合、アフターケアが充実している病院なら安全です。施術を行う前は、施術法や医師をリサーチし、実績が豊富で自分が納得出来る病院を選びましょう。