パーツが映える輪郭作りを目指そう|憧れの小顔を叶える人気施術

小さな顔は簡単に手に入る

先生

顔を小さくする方法

ヨーロッパ人のような小顔は、誰もが憧れるものです。一番の理由は、身体のバランスが良くなるため、どんなヘアスタイルやファッションも似合ってしまうことです。また、顔全体の面積が小さくなるため、相対的に目鼻立ちがはっきりして、表情が美しく見えます。そのため、印象が垢抜けて、美人度がアップするのです。ファッションモデルや女優さんは、小顔の人が多いのはそのような理由です。しかし、自分の努力で、そんな憧れの小顔を手に入れるのはかなり難しいのが現実です。なぜなら顔は骨の形で大きさがある程度決まってしまっているためです。また生活習慣により張ってしまっている筋肉は、自然に小さくなることはまず望めません。顔の肉を減らそうとダイエットした場合、頬などの肉は落ちても、やつれた印象になるリスクもあります。そこで、いま非常に人気を呼んでいるのが、美容整形外科による小顔手術です。小顔にするといっても、顔全体を整形するわけではなく、ポイント的に行う整形が主流ですので、思ったより気軽に施術可能です。

施術方法はいろいろある

小顔にする整形にはいろいろな方法があります。まずは、施術の前に、現在の自分が、どうして大きな顔に見えるのかを把握し、それに対応した方法を選ぶことが大切です。脂肪が多いため、下膨れや二重あごになっている場合は、脂肪を取り除くだけでかなりすっきりします。薬剤を注入して脂肪を溶かす方法を使えば、痩せこけた印象にならず、自然な小顔になります。エラが張っているために角ばって見える顔は、ボトックス・ボツリヌストキシン注射が人気です。エラの骨を削らなくても、かなり輪郭が小さくなり、女性らしい小顔になります。加齢などによる皮膚のたるみでフェイスラインが下がって、大きな顔になっている場合は、フェイスリフト手術ですっきりとさせます。エラやアゴ、頬骨が大きく張っている場合には骨を削りますが、それほど大がかりなものにはなりません。いわゆる卵型の輪郭になるため、どんな化粧やヘアスタイルも似合うようになります。整形を使えば、今より小顔になることは簡単です。気になる人は整形外科のカウンセリングを受けてみましょう。